1万円のキャプボは使えるのか

結論:問題はあるが、それなりに使える

いきなり結論から入ってしまいましたが、HDMIキャプボが欲しくなったので買って使ってみました。
有名なキャプボは2万~3万円します。高いですね。
配信者になるつもりはあまりないので安いキャプボを買ってみました。
買ったのは下の商品。9,800円でした。
これをみて買う人がいるのかはわからないですが、一応リンク貼っておきます。
アフィリエイトとかはしてないです。
リンク:Amazon

ググってもほとんどブログでレビューがされてなかったですが、そんなに悪いことが書かれていなかったので大丈夫でしょう。

というわけで届いたのがこちら。箱が汚れているのは元から。

2.5インチの外付けHDDケースぐらいの大きさ。
付属品は説明書、USBケーブル、3.5mm4極のオーディオケーブルです。
USBケーブルは両端ともオスなので取り扱いを間違えたらパソコンが壊れそうなので要注意ですね。

本体の端子、まずはUSB側から。オーディオの入出力とUSBの差込口があります。

HDMIは反対側。入力と出力端子があります。
箱に書いてある4K(3840×2080) 60Hzはパススルーだけで、キャプチャできるのはフルHD(1920×1080) 60Hzまでです。

UVC(USB Video Class)デバイスなので、USBウェブカメラみたくドライバのインストールなしで使えるのは素晴らしいですね。黄色マーカーで塗ってあるのがキャプボです。

Windows10標準インストールの「カメラ」アプリでも使えますが、OBSで配信・録画に使う人が多いと思うのでそちらで試します。

Switchの画面をOBSで録画した動画のキャプチャです。若干暗く感じます。うまく調整すれば綺麗にできるかも?
2枚目はSwitchの本体で取ったスクショです。

映像のラグはこれぐらい。アクションゲームでなければ問題なくOBSの画面でプレイできます。

このキャプボ、説明書には映像を470ms遅延させるように設定するよう書かれていました。どうやら音声のキャプチャにラグがあるようです。

せっかく映像のラグが小さいのにもったいないですよね。
ならば、音声をキャプボ経由させなければ良いのです。

キャプボのオーディオ出力とPCのライン入力を接続して、音声入力キャプチャでライン入力をキャプチャするだけです。これでラグを小さくできるはずです。
しかし、ノイズが乗るかもしれないので、ゲーム機とPCを直結したほうがいいかも知れません。

Switch以外のデバイスを繋いでみましょう。
まずはコンポジット→HDMIのアップスキャンコンバータから。
ちなみにこのコンバータを使っています。
画面比を維持できるのがこのコンバータの便利なところ。S端子もついています。


なぜかキャプチャ画面が右にズレています。
コンバータ本体のスイッチで1080pと720pを切り替えできるのですが、どっちに切り替えても治りませんでした。それ以外は問題ありません。

次に、DVIしかない古いPCの画面をキャプチャしてみました。DVI(シングルリンク)とHDMIのデジタル映像信号は基本的には同じなので、簡単なアダプタを間に挟むだけで相互に接続できます。
1920×1080だと先程のように画面がズレてしまいますが、今度は左にズレました。

1280×720にするとズレなくなりました。謎。
2枚目はパソコンで取ったスクリーンです。キャプボ経由だと若干ザラザラして見えます。

とりあえず使ってみた感想は、

  • それなりに使える
  • 少し画面が暗くなる
  • (OBSで使うと)映像のラグはあまり気にならない。
  • 機械によっては相性の良い悪いがあるかも(Switchはほぼ問題なし)

という感じです。
まだ試してないこともあるので、何かあればまた書くかも?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください