2016春の遠征~3日目~ (気仙沼→釜石→八戸)

2016年3月14日(月)

3日目は、気仙沼から八戸を目指します。

・BRT 盛行き 

dsc_0107 dsc_0109

大船渡線BRTに乗り、奇跡の一本松を目指す。

線路が剥がされた気仙沼駅構内。悲しい風景だ…

img_1280 img_1281

奇跡の一本松停留所。本来の線路の位置から離れたところにあるが、奇跡の一本松へ行くために設けられた。

img_1285 img_1286 img_1287

もちろん奇跡の一本松を見に来たのだが、それよりも希望の架け橋を見たかったので行程に組み込んだ。

土砂を運搬するためのベルトコンベア用の吊橋。土地の嵩上げのために作られ、その役目を終えたので解体されている途中であった。

稼働しているときに来たかったが、時すでに遅し…

img_1288 img_1289 img_1294

唯一残った一本の松。枯れてしまったが、記念碑が如く、今も直立している。破壊された建物も残されており、震災の被害の大きさを痛感した。

img_1312 img_1314 img_1316

道の駅高田松原。14.5mの津波に襲われたようだ。恐ろしい。

img_1320

もともと街があったとは考えにくい。復興の難しさを感じた。

・BRT 盛行き

img_1321

バス停近くにお土産屋があったので、少し買い物をしてから盛へ向かう。

img_1322 img_1325

ここに街ができるのはいつ頃なんだろうか…

img_1323 img_1324

役場も被災し、仮設庁舎だった。

img_1353 tmp_1457918760034

盛駅に到着。盛駅の線路は三陸鉄道だけかと思っていたが、岩手開発鉄道という貨物専業の鉄道があった。

img_1329 img_1335 img_1352

石灰石を運ぶ列車が走っていた。かつては旅客営業もしていたようで、ホームが残っていた。

img_1343 img_1346

ここに線路が再び敷かれることはないのだろう…

・普通 釜石行き 36-701

三陸鉄道南リアス線に乗り、釜石へ。

img_1349

クウェートからの寄付で購入した車両らしい。

img_1355 img_1359

窓からは至るところで工事している様子が見えた。堤防を作る工事も行われていた。景色は悪くなってしまったようだ。

img_1370

釜石駅。釜石には震災後に一度来たことがあるので、少し見覚えのある風景だった。

dsc_0114 dsc_0116

震災後、一時的に市役所の義援金を受け付けるところがあった。ここを訪れたことを思い出した。

その時、鵜住居にも訪れたので、3・4年経ってどのようになったのか見に行きたかったので、行ってみた。

 img_1373

 全く違った風景になっていて驚いた。機会があれば、以前の写真とともに紹介したい。

・快速はまゆり 盛岡行き キハ111-3

その後釜石に戻り、釜石線に乗車。

Ωループ、非常に険しいところを走っている。

・普通 八戸行き IGR7000-103

盛岡から八戸へ向かう。この日の宿泊地は八戸だった

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください