2018春の遠征 ~1・2日目~ (グラン昼特急→津輕号)

2018年2月20日(火)

旅の始まりはJR大阪駅バスターミナルから。

北海道へ飛行機を使わずに行くという縛りプレイを継続+ネタかぶりを避けるということで、今回は東京まで昼特急で行きます。約9時間の長旅です。

途中で休憩があるので、9時間乗りっぱなしということはないし、夜行バスと違って外の景色を楽しむこともできます。

最初の休憩は新名神高速の甲南PA。ちょうどお昼時だったので、軽めの昼食を。隣のダブルデッカーバスも昼特急です

クリックすると拡大表示になります

草木が茂っていないので新しいPAという感じがします。

バスは新名神から伊勢湾岸道へ。ナガシマなんとかも見えました。

三ヶ日営業所で乗務員交代のあと、浜名湖PAで休憩。新幹線でもJRでも素通りしてしまうので、じっくり眺めるというのは始めてです。

由比ヶ浜のあたりは東海道線と同じようなところを走るので、右側に富士山が見える箇所があります。夜行バスでは見れない景色です。

もう一度休憩がありましたが、それは省略。
ちなみに、グラン昼特急にはコンセントもWi-Fiもあるのでかなり快適に過ごせます。ただし、Wi-Fiは1日30分×5回しか使えないので気をつけましょう。

19時20分、東京駅に到着。しかし、東京駅滞在時間は2時間しかありません。
夕食を食べたあと少し時間つぶしをし、日本橋口のバスターミナルへ向かいます。

この時間帯の東京駅バスターミナルは中国・四国方面の夜行バスの時間のようです。

ということで、本日2つ目の長距離バスは津輕号です。以前乗ったので、今回はあずまシートというグレードの高いところに乗ってみました。(写真はありません)
あずまシートですが、前がかなり広々としていて逆に落ち着かないくらいです。コンセントが付いていましたが、なぜか使えませんでした。
東京から青森は約10時間です…

(続く)