2017夏の遠征 ~2日目~ (フェリー→苫小牧→札幌・小樽→夜行バス)

2017年8月30日(水)

・太平洋フェリー きそ 仙台→苫小牧

(前回の続き)
暑くて夜中何度か目が覚めてしまったが、夜行バスよりは眠れた。
7時ごろ、朝食の放送に起こされたが、9時ごろまで寝ていた。
荷物の整理をしたあと、パブリックスペースへ。陸地が近づいてきているので、携帯電話の電波が入った。

ほぼ定刻通り苫小牧に入港。バスは11時33分発だったので、30分ほど退屈だった。

・道南バス 24系統 苫小牧西フェリーターミナル→苫小牧駅前

バスに乗り苫小牧駅へ。

相変わらず寂れた駅前。みどりの窓口で北東パスとご当地入場券を購入。せっかくなので、ご当地入場券を集めつつ小樽へ向かうことにする。

・普通 苫小牧→千歳

普通電車に乗り千歳駅へ。まずは千歳駅で購入。

・快速エアポート 千歳→恵庭

快速エアポートに乗り、恵庭へ。ご当地入場券を買ったあと、恵庭駅で降りるのは初めてだったので少しだけ駅前を歩く。

「空中歩廊」とはあまり聞き慣れない言葉。

・快速エアポート131号 恵庭→北広島

北広島で入場券を買ったあと、ここも初めて降りる駅だったをのでバスロータリーの写真を撮る。

・快速エアポート133号 北広島→札幌

快速エアポートで札幌へ。コインロッカーに荷物を預けたあと、札幌駅の入場券を購入。

・快速エアポート135号  札幌→小樽

快速エアポートに乗り小樽へ。明るい時間に乗るのは初めてだったので、綺麗な景色に驚いた。

・小樽観光(小樽市総合博物館)

小樽に到着。入場券を購入し、総合博物館まで歩く。

途中で手宮線の廃線跡と交差したが、線路も残っていたのは驚き。

運河沿いを歩いていると、古い建物が多数立ち並んでいた。

総合博物館に到着。ちょうど、最終のSLが出発するということで、急いで乗りに行く。
遊園地にあるアトラクションのような電動だったり、ディーゼルではなく、本物の蒸気機関車だったようだ。

SL乗車後、館内の展示車両を見る。ここの目玉はマニ30 2012現金輸送用の荷物車。車内にも入ることができる。

屋外も屋内も展示が充実しており、時間が足りないほどであった。たくさん写真があるが何枚かに留めておく。
 
早めに切り上げて余市駅に向かう予定だったが、閉館の10分ぐらい前まで博物館を見学していた。
このまま札幌に戻るつもりだったが、仁木駅のご当地入場券が購入できることが判明したので予定変更。

・普通 然別行き キハ150-15 小樽→仁木

列車は1両編成で、帰宅する人で混雑していたが、余市で大体の人が降りた。仁木駅では自分の他に3人ほど下車した。

仁木駅のご当地入場券は駅から徒歩10分もかからないコンビニ。入場券を買い、駅に戻る。

・普通 小樽行き 仁木→小樽

小樽行きはさっき乗った然別行きの折り返し列車。この時間に小樽方面に向かう人は少ないようで、空席も多かった。

・快速エアポート194号 小樽→札幌

小樽で快速エアポートに乗り換え、札幌へ。途中からは立ち客も出るほど人が多かった。

・札幌市内

札幌に到着。駅前にある商業施設でラーメンを食べる。

しばらく駅周辺をぶらぶらしたのち、地下鉄で大通へ。
東豊線の改札の方まで歩き、さらに地下通路を歩き、バスセンターに到着。けっこう古そうな建物だった。
写真はあまり撮ってない…

手続きをし、バスを待つ。

・根室交通 オーロラ号 根室行き 大通バスセンター→厚床駅前

やって来たのは根室交通のバス。新しそうに見えたが、コンセントはなし。
22時30分ごろ出発。出発後15分ほどで消灯。何度か休憩のため停車があったが、降りる人はいなかったようだ。

(続く)