2016春の遠征 ~8日目~ (札幌→稚内→糠南→南稚内)

2016年3月19日(土)

早朝、札幌駅に到着。この日は南稚内に宿泊すること以外は何も決めていなかったので、時刻表とにらめっこしながら予定を考える。

札幌駅に貼ってあった張り紙。青森行きはまなす最終日に続行で臨時急行が運行されるらしい。この日は札幌宿泊の予定だから乗れるかもしれない。

・特急 オホーツク1号 網走行き キハ183-213

スラントノーズの183系に乗りたかったので、旭川までオホーツクに乗る。特に変わっているわけではないが、乗ったという記録を残したかった。

・特急 スーパー宗谷1号 稚内行き キハ261-104

とりあえず稚内へ向かうことに。乗っていると睡魔が押し寄せてきて、気がつけば音威子府のあたりを走っていた。

夏に来たときとは全く違う風景に驚いた。

特に何事もなく稚内に到着。

昼食を取った後、夏に行きそびれた稚内公園へ行こうと思ったが…

なんと冬の間は閉鎖しているらしい!神社の方から回れないかと思ったけど、こちらも通行禁止だった。残念。

防波堤ドームの近くを歩きつつ駅に戻る。

・宗谷本線 普通 旭川行き キハ54-501

糠南駅に行くことにした。この列車は糠南に止まるし、糠南から問寒別まで歩いたらちょうど稚内行きに乗れる。

 

さっき通ったところを再び通る。

幌別駅で対向列車を待つ。

糠南に到着。降りた人は他にいなかった。

 

乗ってきた列車を見送る。

列車が去ると、カラスの鳴き声しか聞こえない。

待合室内部。待合室と言っても物置を改造したものらしいが、中はきれいにしてある。まぁ汚すような人がいないか。

駅周辺。家は少し離れたところに1軒あるのみだった。

あまりゆっくりしてると、帰る列車がなくなってしまうので、問寒別駅に向けて出発。

川は凍らずに流れていた。名前は「下ヌカナン川」らしい、何故か漢字じゃない。

雪に埋もれた林道。スノーモービルが止まっているから、冬の間も誰かが山に入っているのだろうか?

歩いている途中に撮った写真。道路標識には「ヌカナン」と書いてある。こちらも漢字じゃなかった。

先に少し大きな川が流れていた。問寒別川、看板には名前の由来が書かれていた。

 

待っていると稚内行きのサロベツが走っていった。寒くてちゃんと写真が撮れなかったが…

 

問寒別が近づいてきた。白樺並木がきれいだった。あと、問寒別には北海道大学の研究林があるらしい。

 

問寒別駅。車掌車改造の駅だが、外装・内装どちらもリフォームしてあった。

待合室でしばらく待っていると稚内行きがやってきた。

・宗谷本線 普通 稚内行き キハ54 512

暖房の効いた列車のありがたさを感じた。

南稚内につく頃には辺りは真っ暗になっていた。

駅前を歩いていると、なんと狐が道を横切っていった!写真を撮ったがブレてしまった。

旅館にチェックインし荷物をおいた後、温泉へ。冷えた体を暖める。

温泉のすぐ隣りに、ロシア料理の店があった。せっかくなので行ってみた。

初めて食べたが美味しかった。もう一度食べたい味。

旅館に戻り就寝。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください