2016夏の遠征 〜3日目〜

・3日目
2016年8月31日(水)

朝5時30分、札幌駅に到着。札幌も風が強かったようだが、到着した頃には特に普段通りといった感じだった。どうやら、根室本線の富良野〜新得間が運休するようで、3日目も予定を変更せざるを得なくなりそうだった。石勝線と高速バスが夕方から復旧するようなので、そちら周りのルートか、富良野〜帯広のバスを使うことを検討した。バス会社に電話を掛けたが、一向に繋がる気配がなかったので、とりあえず、3日目の目的地である三笠鉄道記念館を目指すことにした。
札幌から函館本線に乗り、岩見沢駅に向かった。岩見沢で北海道中央バス三笠線のバスに乗り換える。これは、JR幌内線の廃止代替バスの一つであり、本数は比較的多かった。しかし乗客はそれほど多くなく、三笠まで乗る人は少なかった。バスに乗ってしばらくすると雨が降ってき、三笠市民会館のバス停につく頃には、かなり強く降っていた。三笠市民会館で三笠市営バス幌内線に乗り換える。マイクロバスで、他に客は誰も居なかった。もともとは北海道中央バスが幌内線も走らせていたようだが、撤退したので三笠市が引き継いで運行しているようだ。昼間は1時間に1本ほど運行されているので不便ではなさそうである。鉄道記念館のバス停で降り、記念館を見学した。平日で天気も悪かったこともあり、他に誰も来ている人が居なかった。北海道の鉄道発祥の地なだけあって、展示は充実していた。展示を一通り見終えた頃には雨が上がっており、外の展示車両も見ることができた。屋外に展示されているが、比較的保存状態は良かった。

img_3005
記念館を見たあと、クロフォード公園に向かった。こちらには気動車が編成で保存されていた。こちらも、それほど展示状態は悪くなかった。

img_3027
クロフォード公園も見終わり、交通状況が心配であったので、さっさと駅に戻る。富良野から帯広へ向かうバスは終日運休が決まっていたため、石勝線か札幌発の帯広方面のバスに乗ろうとしたが、そちらも線路が流されたり、道路が通行止めになっていたため運休していた。当初の予定では池田で1泊する予定だったのだが、行けなくなってしまった。しばらく石勝線も高速バスも動きそうになかったので、急遽、北見へ向かうことにした。4日目に陸別で気動車の体験運転を予約していたので、それに間に合わせるためには、北見から行くしかなかったのである。石北線も少し前から運休していたので、北見方面へのバスを急いで予約した。宿も見つかったので、なんとか4日目の行程を大きく変える必要はなさそうである。
札幌駅でしばらく時間を潰し、北見行きのバスに乗る。昼間のバスであるが、座席は3列で、座席には音楽を聞くための機器などもついていた。前方にはテレビも付いており、地上波放送や、DVDなどが流れていた。

バスは、道央道を北上し、比布のPAで休憩後、旭川紋別自動車道へと入っていった。途中、石北峠が通行止めになっていたので、ルートを変更して運行していたが、ほぼ定刻通り北見バスターミナルに到着した。

北見で泊まったホテルは、あまりいいところでなかったのが残念だった…

3日目まで、行程どおりに行かなかったが、天候も安定してきたので、4日目からはうまく行きそうである。(続く)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください