2016夏の遠征 〜1・2日目〜

現時点(2016年9月5日)では、前回の旅行記を書き終えてないですが、書いてしまいます。

今回の遠征は、台風によって予定が大きく狂ってしまいましたが、なんとか旅行を続けることができました。

こんな旅行はもうしたくないです…

1日目 神戸→東京→夜行バス

2016年8月29日(月)

日本の南の海上で勢力を強めていた台風10号の進路が気になっていたが、朝の段階ではフェリーは通常通り運行されるということであった。

しかし、10時頃に家を出発し、所用を済ませる前に三宮を歩いているときに、覚えのない電話番号から着信があった。もしやと思い、フェリー会社のウェブサイトを開くと、「運休」の文字が…

1日遅らせると、行程が大きく狂いそうであったので、早いうちに渡道しようと考えた。そこで、新幹線で東京へ向かい、夜行バスで青森駅に向かうことにした。

17時30分、のぞみ136号は新大阪駅を発車。新大阪駅発車時には雨が降っていたが、京都を過ぎたあたりで止んだ。しかし、横浜あたりで再び雨に遭遇した。新幹線といえば「シンカンセンスゴイカタイアイス」である。スプーンをアイスに突き刺して立てる「儀式」を行った。

CrBTKk6UMAAXf-N

20時03分、定刻通り東京駅に到着。夜行バスに乗る前に、東京駅1番街のカレー屋で腹ごしらえをする。2・3年前に来た覚えがある店だった。カレーは美味しかったが、辛かった。

tmp_1472469606086

21時30分、弘南バス「津輕号」に乗り、青森を目指す。途中、バスは「バスタ新宿」を通ったが、窓際ではなかったので、雰囲気を味わうことができなかった。青森までの所要時間は約10時間である。約1年ぶりの夜行バスだったが、よく眠ることができた。

2日目 青森→函館→夜行バス

2016年8月30日(火)

7時20分ごろ青森駅に到着。青森駅にある蕎麦屋に行き朝食をとった。この時はよく晴れていたのだが、この後、函館で悪天候に見舞われるとは思っても居なかった…

P_20160830_073152 P_20160830_073144

本来の行程では、北海道新幹線に乗らないはずだったが、予定が変わったため乗れることになった。

新幹線に乗るまでに時間があったので、八甲田丸を見に行くことにした

P_20160830_100024

八甲田丸の船内には、解体された羊蹄丸に設置されていた、「青函ワールド」が移設されていた。昔の青森や函館の街の姿を再現したものらしい。

八甲田丸では、青函連絡船の特徴でもある「車両甲板」に入ることができる。現役時代は、主に貨車が積み込まれていた車両甲板には、気動車や機関車や客車などが展示されている。

IMG_2853

台風の影響で、煙突部分の展望台などに入ることができなかったのは残念である。

IMG_2836

11時21分、新青森駅を出発し、函館を目指す。乗車率が悪いとか言われていた北海道新幹線だが、この日は多くの座席が埋まっていた。あっという間に、青函トンネルにたどり着いたのには驚いたが、青函トンネル前後はスピードを落として、以前と余り変わらない感じであった。札幌まで開業する日が待ち遠しい。

P_20160830_111321 IMG_2906

新函館北斗駅に到着。乗り換え時間が短いので、急いで在来線ホームに向かった。3両編成のはこだてライナーは満員だった。札幌行きの特急の発車後、はこだてライナーも発車。意外と新函館北斗から函館はあっという間であった。

P_20160830_122607

函館駅に到着。台風接近に伴って、夕方以降の特急列車が運休するらしく、みどりの窓口に長蛇の列ができていた。新幹線も夕方以降は運休するらしく、早い目に渡道しておいて良かった。昼食は駅前のラッキーピエロへ。函館といえばこれである。

tmp_1472531117831

ラッキーピエロで昼食後、函館駅に戻る。臨時特急ニセコ号がこの時期走っていたのだが、この日はニセコエクスプレス車両のクーラーが故障したらしく、通常のキハ183系で代走していた。ニセコエクスプレス車両と比べると随分とグレードが下がってしまったが、運休するよりはマシということであろうか。

IMG_2946

この後、徐々に風が強くなってきたので、早い目に温泉へ向かった。前回(2016春の遠征)と同じ所に行こうかと思ったが、別のところへ行った。そこは地上11階に大浴場があり、露天風呂もついていた。台風が近づいているので、露天風呂もしばらくしたら閉めると言っていたが、閉まる直前に露天風呂にも入れた。眺めは良かったものの、風が強くて長くは入れなかった。

駅に戻ると、最後の特急列車の出発後だったが、まだ並んでいる人が少し居た。

P_20160830_164804

17時前の函館駅。17時21分に出る列車が最終列車だ。最後に到着した列車は18時30分ごろだったと思う。台風接近に伴い、函館駅内の店舗は19時に全て閉店するらしいので、函館駅2Fのラーメン屋で夕食を済ませた。

tmp_1472550164737

ここのラーメン屋に来るのは2回めであった。前に来たのはいつだったか忘れたが。

P_20160830_185247

19時前の函館駅。列車が終わってしまったので、さっさと改札も閉めてしまったようだ。

函館市内も暴風域に入り、とても風が強くなってきた。函館市に避難準備情報が出されたり、市内の一部では停電が発生していたらしいが、駅にずっと居たので特に危険を感じることはなかった。

P_20160830_194448

19時44分頃の函館。この頃が一番激しかったような記憶がある。その後、風が徐々に収まってきた頃、通常通り12時15分に駅を閉鎖するという放送が流れた。駅で徹夜しようとしていた人たちは、居場所を失うのかと混乱していたが、その後どうなったのかは不明である。その翌日は、函館駅に列車ホテルが用意されていたから、駅員と彼らの間に一悶着があったのだろう。そして23時頃、無事にバスがやってきたのである。

P_20160830_231224_1_p

途中、高速道路が通行止めになっていたようで、下道を延々と走ったようだが、恐ろしいことに定刻通り札幌駅前に到着した。なお運行会社が、運転が荒いことで有名な某「○南バス」だったので、乗り心地はどのようなものだったのか察していただけるだろう。このようにして、なんとか札幌駅にたどり着いたのだが、この後も非常に苦労したのであった。(続く)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください