推しの卒業

この日がこんなに早く来るとは。

ちなみに、この記事を書き始めたのは推しの引退当日なのですが、2ヶ月近く経っていました。早いものです。
書き始めた3月は、YouTubeもTwitterも残ってて引退してしまったという実感があるようなないような状況でしたが、チャンネルとアカウントもほぼ消えてしまいました(全部とは言ってない)。

なぜ、今更とも言えるタイミングでこの記事を公開したかというと、リシアンサスのライブBDが発売されたからです。
おそらく最後の公式からの推しコンテンツ供給ですので、ブログを公開する最後のチャンスだろうなと思ったからです。
ほんとは、アカウントとかチャンネルが消えたタイミングで公開しようと思ったのですが、しぶとく残ってたからな…

卒業を知ってから色々と書き溜めた文章があったので、この機会なので一部放出しようと思います。
全部ではありませんが…(日記とか他にも色々書いてたけど、そちらはお蔵入りとします)

発表直後の気持ち(3/4早朝)

今(3/4 4:39ごろ)の気持ちですが、どんなときもその時の全力で推し事に取り組んでいたので、後悔はあまりしていません。
生きがいではありましたが、あくまで趣味の一つとして考えていたので、あまり無理をしないように心がけていました。買わなかったグッズとかもあるし…
あとは、良きファンであろうと努力してきたのですが、そうであったならば思い残すことはありません。

ただ、どう頑張っても出来なかったことが、初任給を推しに投げるということです。
「新衣装も発表されたことだし、もうしばらく配信頑張ってくれそうだな!」と思ってた矢先…

推しは推せるときに推せ

本当に、「推しは推せるときに推せ」という言葉の意味をつよく感じました。
とはいえ、身の丈にあわせてやったほうが持続的に推し事を続けられるので無理しない程度がいいと個人的には思っています、まぁ無理というか背伸びすることも悪いことではないと思いますが…
(それにしてもリシアンサスのときに個人フラスタ送っててよかったなぁ…)

デビュー1周年の頃を振り返る

下の画像は去年の3/10、推しの初配信1周年を前に書いた「趣味を語る ~その② VTuber 後編 ~」という記事のあとがきです。

このころ、詳しくはわからないですが推しの身に色々とあったようで配信が少なく、不安を感じていたのを覚えています。
それから一年、さらに色々と(ほんとに色々…)ありましたが、ある意味では心配事が少ない状態で2周年を祝えそうなことは嬉しく思います。
しかし、「推しがいるうちはずっと推し事を続けたい」という思いが叶ったのはよかったです。
自分も2年間もよく頑張ったな…

最後の配信直後の気持ち(3月11日)

物事は必ず終わりが来るということを、頭に入れておかないとなと感じました。
しかし、あまりにも早かった…

でも、推しが突然でかい発表をすることは今までにもあったので(ex.ライブとかメジャーデビューとか)、
なんかいつもどおりだなと思ってしまいました。あの頃も驚いたなぁと少し過去を思い出しました。

推しが「前向きな理由」で卒業すると言っていたので、その言葉を信じて送り出すしかありません。
自分も、前を向いて進まないとな。

2年間を振り返って(5月7日)

さて、リシアンサスBDのオーディオコメンタリーも聞き終えました。2人の会話、おもしろかったな…
そして、リシアンサスはいいライブだったな…と改めて思いました。忘れることはないでしょう。

今思えば、この2年間自分も頑張ったなぁという気がします。
夜ふかしして配信を見たことはもちろん、推しを追いかけ西へ東へどれだけ移動したことか…
それにしても、振り返ると良い時間だったなぁと思います。
それに、昔から聞いてたI’veが制作した曲をVTuberの推しが歌うなんて、ほんとに夢のようだったなぁ…

あとはひたすらに運が良かった。
ライブのチケットもそうだし(リシアンサスに至っては最前中央!!)、個人面談も引き当てたりと、ひたすらに運が良かったなぁという感じがあります。その代わりなのか、ランダム系のグッズの引きはよくありませんでしたが…

後悔というか、できなかったことといえば、群馬の町会議に行けなかったのと初任給を投げられなかったことかなぁと思います。
これ以外は、その時々の自分がだいたいやってくれた気がする。
個人面談で推しと直接話すこともできたし(ろくに喋れなかったけど…)、思い残すことはそう多くはありません。

あと、別れを告げるまでもなく唐突に終わりを迎える例もあるので(2週間でも十分唐突でしたが…)、こうして卒業を見届けることができたことは、幸せなことなのかもしれないなぁと思いました。
推しにはいつも感謝しています、ありがとうございました。
そして、何してるか知らんけど江良ちゃんには幸せであってほしい。

その他、蛇足

4月からの新生活、推し事とお仕事を両立させようと色々考えていましたが、こうなるとは全く思っていませんでした。
例えば、気軽にイベント参加できるように首都圏への引っ越しを考えてたりもしたのですが、昨今の情勢を理由に見送ったあとでした。
家賃も倍以上するのであのとき引っ越さなくてよかったなぁと思うばかりです。

一番の推しVTuberというか、単推しになっていたこともあり、VTuberを追いかけるのはここで一段落しよう…という気分です。
自分としては珍しく世間の流行(…といえるほど流行ってたかはさておき)に乗ったと言うか新しいものを追いかけた気がする、楽しかったです。

これからはマトモに生きていきたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください