夏の遠征第二弾〜9日目・10日目・11日目〜

9日目

北海道最終日、9日目です。

9日目の目標は、音威子府のそば、宗谷岬、そしてはまなすです。

しかし、旅にトラブルはつきものです…

・普通 名寄→音威子府

まず、音威子府にそばを食べに行きます。

稚内行きの列車ですが音威子府で降り、店の開店を待ちます。

音威子府は、かつて鉄道の街として栄えましたが、

天北線の廃止などにより、駅の規模が縮小されるとともに、街も人口が減っていったそうです。

駅には天北線の資料などが展示されています。

9時30分、そば屋が開店。天ぷらそばを頂きました。

DSC_0454DSC_0458

特急「スーパー宗谷1号」音威子府→稚内

そばを食べ、稚内に向かいます。

携帯の電波や、GPSの入りが悪く、駅メモに苦労しました。

稚内到着後、またまた天ぷらそばを食べました。

DSC_0472DSC_0483DSC_0486

・バス 稚内バスターミナル→宗谷岬

稚内にて、バスの往復切符を購入、割引が効いて、往復で2500円です。

宗谷岬バス停は、日本最北端のバス停で、他にも日本最北端の○○といったものが周りに色々ありました。

ちなみに、日本最北端のそば畑は音威子府にあるみたいです。

DSC_0487 DSC_0488

・バス 宗谷岬→稚内バスターミナル

宗谷岬で観光をし、稚内に戻ります。

稚内の防波堤ドームを見に行くと、運良くハートランドフェリー(稚泊連絡船とほぼ同じルート)が見れました。

稚内で駅弁を購入。スーパー宗谷は車内販売がないので、予め買っておかないといけません。

DSC_0507 DSC_0510

特急「スーパー宗谷4号」稚内→札幌

Twitterで「サロベツ踏切事故」という、不穏な文字列を発見。

多分大丈夫だろうと思っていたら、幌別にて運転見合わせ。

約45分遅れ、はまなすとの接続もないとのことで、予定が大きく狂ってしまいます…

札幌のホテルを取ろうとした直前、車掌さんが「はまなすとの接続あるかもしれない」とのこと!

無事、はまなすに乗り次ぐことが出来ました。ありがとうございました。

急行「はまなす」札幌→青森

初の寝台乗車。結構寝れました。

遅れをほぼ取り戻し、無事青森に到着。

DSC_0536 DSC_0544

10日目

・普通 青森→弘前

大館まで行ってしまっても良かったのですが、朝食を調達するために弘前で降りました。

・普通 弘前→大館

弘前で朝食を調達し、大館へ。

・普通 大館→秋田

大館から秋田に向かいます。この辺りはあまり覚えていません。

・普通 秋田→酒田

秋田から酒田へ向かいます。

ロングシートが続きます。

・普通 酒田→新津

ようやくロングシートから開放。

しかし、キハ40に4時間…長かった。

DSC_0556

・普通 新津→柏崎

新津駅で晩御飯を食べようかと思ったのですが、駅の近くに飲食店がなかったので断念。

柏崎のデイリーヤマザキで調達。

DSC_0558

11日目

・普通 柏崎→直江津

柏崎から直江津へ。日本海に沿ってとても眺めが良かった。

・普通 直江津→糸魚川

越後ときめき鉄道に乗る。

ET122の1両編成で、高校生が多かった。

車内で乗車券を発行してもらった。

・普通 糸魚川→南小谷

久々のJR西日本。キハ120単行で、乗客は少なかった。

途中で25km/hがあったり、険しい路線だった。

・普通 南小谷→松本

「南小谷」は「みなみおたり」と読むということを初めて知った。

松本まで、E127のロングシートに揺られた。

松本で、某氏と会い、そばを食う。

115系のC1編成も見れた。

DSC_0562

・普通 松本→中津川

某氏と解散後、中津川へ。

塩尻で30分止まったり、途中で何回も退避したり、時間がかかる電車だった。

・快速 中津川→名古屋

久々に快速。割とスピードも出ていて、気持ちよかった。

・普通 名古屋→亀山

久々に関西本線に乗った。

2両編成だが、すし詰めではなかった。

ポイント故障のせいで10分ほど遅れて亀山に到着。

・普通 亀山→加茂

またまたキハ120。2両編成だったので、比較的余裕があった。

・区間快速 加茂→大阪

221だと思ってたら201だった。

・新快速 大阪→三ノ宮

久々の新快速。新快速の偉大さを感じた。

・普通 三宮→名谷

最後は1000形。長い旅が終わった。